同化と異化について~エネルギー生成のお話の続き~

投稿者:

はーいおはようございます。
土崎翔です。

※土崎翔はどんな人??
○土崎 翔のプロフィール

昨日のお話の続きをしますね。

今日は
【同化と異化】のお話。

<同化>
くっついて(化合して)同じ体になること

<異化>
離れて(分解して)異なる体になること
※くだけた表現を用いています

① 同化
たとえば、おにぎり。
お米1粒1粒がまとまって出来るおにぎり

これをまとめるには

「ぎゅっぎゅっ」っと
手で握らないといけないし
大きくなればなるほど大変ですね。

海苔が必要な場合だって
出てきますよね。

つまりはこういうことなんです。

・・・・では納得しないと思うので(笑)

もう少ししっかり言うとすると
例えば、「二酸化炭素」「水」という
独立しているものを
「光のエネルギー」を用いて
無理矢理1つの大きなものを作る。

これは「光合成」というものです。
これによって

・でんぷん
・酸素

が作られます。
このでんぷんのことを
【炭水化物】といいます。

二酸化炭素
同化して作られた物ということです。

(化学式)
6CO2+12H2O→C6H12O6+6O2+6H2O

② 異化
異化は同化の逆って
覚えればオッケーです。

複雑に作られた物質を
体内で分解して
二酸化炭素や水蒸気(水)を作り出して
日々活動していくための
エネルギーを作り出しています。

おにぎりもばらして
米1粒ずつになったら海苔は
必要ないですよね?
(基本的には笑)

同化をするとエネルギーがいる
異化をするとエネルギーが出る

これを覚えておきましょー^^
これをしなくなったら
人間は死んでしまいます。
この作業のことを【呼吸】といいます。

はい、やっとここまで説明して
呼吸というワードを出せました。

ここまで説明すれば、呼吸っていうのは
「息を吐いたり吸ったりする動作」
のことだけではなく
エネルギーを産生するために
行っていること
だっていうのは
分かって頂けると思います。

ちなみに・・・
1回まとまったものを
もう1回小さいグループに
戻していくのって大変ですよね^^

実際の世界だと、
例えば政治の世界で、
一度大きくなった政党が意見の相違や
政権交代などで枝分かれするときは
少なからず多少のダメージを
受けるというか無傷ではいられないというか。

なので、これがうまく
スムーズにいくためには
一度バラバラにしてから小さいグループで
まとまりやすくさせる
というように
しているんですよ~。

このバラバラにするエネルギーのことを
「活性化エネルギー」といいます。
まさにADPとATPがこんな感じです。

少しイメージしにくいのですが
活性化(反応できる)エネルギーが低いと
バラバラにしやすいです。

別のもので例えるとなると
例えば目玉焼き。

生卵をフライパンで焼くと
目玉焼きになりますよね。
このとき、生卵を目玉焼きに
変化させることができるエネルギーのことを
活性化エネルギーと呼びます。

実際身体の中では「酵素」が使われて
バラバラにしやすくなっています。

この場合も
「目玉焼きが作りやすくなる酵素」
というものがあるとしたら
この酵素のおかげで活性化エネルギーが
低くなる(活性化エネルギーが少なくて済む)

ということになります。

炭水化物も同じで、水と炭水化物は
なかなか簡単に分離しません。

なので、呼吸(異化)をするときにも
酵素の力を利用して
バラバラにしやすくしています。

さらに酸素を使い炭素と結び付け
バラバラにしやすくしているのです。
だから呼吸で二酸化炭素を吐くんです。

<化学式>
C6H12O6+ 6O2+6H2O→6CO2+12H2O

では今回の投稿は以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

このブログが面白いと思ったら
読者登録をお願いいたします。

【☆読者登録はこちらから☆】

【ダイエットカウンセリングお申し込みフォーム】
○ダイエットカウンセリングお申し込みページ

-Instagram-
土崎 翔のインスタグラム

-LINE@はこちら-
友だち追加
※登録して頂いたら「アメブロからきました!」とメッセージ頂けると嬉しいです^^

youtubeチャンネル
高評価とチャンネル登録を
お願い致します!!
○ダイエットコーチSHOのIt’s show time!!

僕に対しての質問、問い合わせしたいことがありましたら
こちらからお願い致します。
●土崎 翔への問い合わせ

【☆メルマガ登録はこちらから☆】

【☆性欲を満たすと痩せる?裏メルマガ☆】


Source: ダイエット革命~幸せになるために~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です