出産後終わったら補正下着は必要?

投稿者:

妊娠して出産と女性は体の体型が大きく変化する時期を迎えます。妊娠中はマタニティ用の下着をつけていたけど、産後はどのような下着をつけたらいいのか迷う方もおられます。
今回はその候補としてもあがる補正下着を取り上げます。産後の体型戻しのためにもどんなタイミングで漬けたらいいのか、どんな効果があるのか、選び方はなどの項目を紹介したいと思います。

 

補正下着で産後の体型戻しは6か月までがチャンス?

産後から計画的に準備していってシェイプアップしたいなと思っているママは多く、しかし、一方で育児の忙しさや体の負担からなかなか一歩が踏み出せないという方も多いんですね。 運動やダイエットなどの努力が必要なものは無理だけど、つけているだけでいいと言われている補正下着などは、妊娠しているときから注目していたというママさんも多いんです。

産後の補正下着の効果ってどんなもの?

産後の補正下着を正しく選ぼう

妊娠中に歪んだ骨盤を矯正して、出産のために変わっていった体型を妊娠前の状態に戻すためのサポートをしてくれる下着を産後の補正下着と言われています。

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てるためと安全に出産ができるように、妊婦さんの身体に皮下脂肪が付きやすい状態になり、子宮のスペースを確保するために骨盤も広がり、産後3~6か月という時間をかけて徐々に体は妊娠前の状態に戻っていきます。
授乳期が終わるころに自然と体型が戻っていったという方もおられるのですが、それまでの期間に何もしなくていると骨盤が歪んだままなので皮下脂肪はつきやすく、代謝も落ちて痩せにくい体質に変わってしまいます。
産後はこのような状態の方が多いので、産後の補正下着は需要が高まるんですね。
補正下着の効果というのは

  • 腰痛の緩和
  • 姿勢の矯正
  • 新陳代謝の向上
  • 部分的なシェイプアップ
  • 産後の頻尿や尿漏れの予防、改善

大きく分けて箇条書きであげるとこのような効果があると言われています。 また産後の補正下着は呼び方や使い方などで分けることができる種類があります。

  • 産褥サポーター
  • 産褥ニッパー
  • 骨盤ベルト
  • 骨盤ガードル、骨盤ショーツ

といったものが代表的なものとしてあげることができます。

頻尿や尿漏れの悩み

 

www.35labo.com

www.35labo.com

 

産褥サポーター

腹巻をイメージしたらわかりやすい産褥サポーター。お腹周りを中心にやさしく引き締めてくれることで産後比較的すぐに使えるという特徴ももっています。

産褥ニッパー

骨盤回りを中心に引き締めてくれ、子宮の回復や骨盤の矯正をサポートする効果が期待されています。締め付ける強さを調整できるものや、ホック式、ファスナー式などがあるため使いやすいものを選ぶといいでしょう。

骨盤ベルト

骨盤の歪みを正すために、骨盤の位置を整え安定させるためのベルトですね。コツ場に害にも尾てい骨や腰の痛みなどのケアにも用いられる傾向もあります。

骨盤ガードル、骨盤ショーツ

骨盤ガードル、骨盤ショーツ大きなくくりで見ると骨盤の歪みを整えるためのパンツ状のサポートアイテム。骨盤のゆがみ矯正だけではなく脂肪の燃焼にも考えられて作られているものが多く、比較的安価なものが多い一方、機能性を考えられて各メーカーで競争も激しく人気の高いアイテムも多くあります。

 

www.35labo.com

 

産後の補正下着はいつから付けるの?タイミングは重要?

産後の体型戻しは早ければ早い方がいいというイメージがあると思いますが、出産が終わったママさんというのは想像以上に体に負担がかかっていたんですね。出産というのはそれほど大変なことなんです。
基本的に産後の体型戻しは産褥期が終わってからで、それまでは体の回復が優先されます。
しかし、体の回復中に悪露や尿漏れといった悩みが深くなるようだったら、産褥期を待たなくても産褥ニッパーや産褥サポーターは比較的産後すぐに使えるものが多く(もちろんその商品の説明書きをしっかりと読んでくださいね!)母体の回復を助けてくれるという側面もあるためとても助かります。

つまり産褥期まではママの身体の回復が優先で、その後体型戻しのためを考えるといいってことですね。

産後の体型戻しに補正下着を使った方の体験談

30代の頃に子供を2人出産しました。1人目の時はあまり母乳がでなかったこともあり、生後3ヶ月頃からミルクに切り替えたのでバストが極端にしぼんだり垂れたということはありませんでした。ただ2人目を出産したとき、できれば母乳で育てたいと思いがんばって母乳育児をしたおかげで2歳頃まで母乳で育てることができました。授乳中は今までで一番バストのサイズがアップしていたのでこのまま続けば良いと思っていましたが、卒乳をしたとたん急激にバストはしぼんでしまいデコルテ部分も削れてしまいました。

何よりもショックだったのが、バストトップの位置が下がったことで、どんな服を着ても決まらなくなりすっかりおばさん体型になってしまったことです。

そのときはもう30代も後半になっていたので、自分でもそれほどがんばらなくても良いかと半分あきらめていましたが、子供からママのおっぱい垂れてると指摘されたことをきっかけに、なんとかしてバストアップをしようといろいろ試してみることにしました。

最初に試したのがマッサージで、乳腺や胸の周りの血行とリンパの流れをよくすることでバストアップがはかれるというものでした。
毎日お風呂上がりにマッサージを行っていましたが、それほど効果を実感することができなかったので別の方法を試してみることにしました。
次に試したのがサプリメントで、飲むだけでバストアップが期待できるということで、わくわくしながら試してみました。ただ半年ほど飲み続けてもこれといって効果がなかったので私にはあわなかったようです。
もう私のバストは大きくできないのだろうとあきらめていたところ、友人から育乳ブラというものがあることを教えてもらい、ダメもとで試してみることにしました。
育乳ブラはふつうのブラよりも大きめのカップに、脇や背中の脂肪を集めて固定することで胸を大きく育てていく補正下着です。
私の中では補正下着は何十万円もする高価なものというイメージがありましたが、1万円前後というお手頃な価格のものもあり、主婦の私でも購入することができました。
私が試したのはブラデリスニューヨークで、3ステップで寄せて高さを出す育乳方法です。

ちなみにブラデリスニューヨークというメーカーさんが日本で最初にヌーブラを開発し大ヒットさせたことでも知られています。

ステップ1は流れたお肉を寄せて集め、バストの土台を作っていきます。
ステップ2はお肉をかきあつめて中央に寄せあげていきます。ステップ3は高さと形を作り、バストについたお肉を補正するだけではなく脇や背中についた肉をバストに寄せ集めていきます。

今まではブラジャーというとフィッティングなどせずサイズだけを見て購入していましたが、きちんと自分にあったブラジャーを選ばないと育乳効果を得ることができないので、フィッティングをしてもらいました。

正しいサイズの下着をつける前後の比べた外見

それまで自分ではBー70だと思っていましたが、それでは脇のお肉がブラジャーからはみ出しているのでこれをきちんとカップに収めてあげればCカップほどのボリュームはあると言われ、C-70を試してみることにしました。
今まではBカップでもバストの上部に隙間ができることがあったので、Cカップをつけるとぶかぶかだろうと思っていましたが、きちんと脇のお肉などをカップに収めてあげると、Cカップがぴったりでかなりボリュームアップされているのを実感することができました。
もちろんそのときは流れたお肉を寄せているだけなので、ブラジャーをはずせば元のバストに戻ってしまいますが、ブラジャーを着けている間はかなりバストの形がよくなりバストトップも高く同じ服でも細く見えるほどでした。
特に横からみるとウエストとのメリハリがつききれいな谷間ができているのを実感することができました。
それほど補正効果が高いと、きつかったり締め付けが強いと思われるかもしれませんが、ブラデリスニューヨークのブラジャーは着け心地も抜群で、全くきついという感じはありません。
ステップ1は通常1ヶ月ほど毎日着けるとベースができあがるということで、1ヶ月後にステップ2へと進みます。
正直毎日着けていると自分ではそれほど変化には気づきませんでしたが、1ヶ月後再度採寸してもらうと元よりも2サイズアップしていました。
ステップ2はステップ1に比べると左右のカップ間の幅が狭くなったデザインで、バストを寄せてあげバストの容量を確立するブラジャーです。
ステップ3になるとさらに幅が狭くなり立体的なバストを整えることができます。
ブラデリスニューヨークでは、早い人で3ヶ月ほどでバーシスラインができて半年くらいでステップ2へと進むようですが、私は3ヶ月でステップ2へと進むことができました。
最終的に1年半後には3サイズアップに成功し、自分のバストに自信を持つことができました。

 

30代で本当にバストアップができるのか半信半疑でしたが、実際に自分のバストをアップすることができたので誰でも効果があるのではないかと思います。
授乳後にバストがしぼんでしまったという人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

育乳ブラの正しい選び方と管理人のおすすめをご紹介

Source: 産後ラボ ママのための応援団

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です