果糖は太る!!!これだけは間違いないんだよ。【超重要】

投稿者:

こんばんは。

ちょっと時間があまりないんだけど
もうね、今自分がまとめていて
どうしても多くの人に言いたいことがあるから
メルマガではなくブログで書くよ。

これね、ほんとにみんな知ってほしいわ。

——————————————-

最近僕がブログで書いてる
肥満になるキーワードは

「インスリン」

だったよね。

「インスリンの過剰分泌」
あとは「インスリン抵抗性」っていうのが
肥満になるキーワードだってことは
僕のブログでは何度も書いたよね。

でね、前回は糖にも種類があって

ブドウ糖:グルコース
砂糖:スクロース
果糖:フルクトース

といって特徴を書いていったよね。
これはこえのブログでも補足説明したから
まだ聴いていない人は聴いてほしい。

果糖は血糖値を上昇させるものじゃないし
肥満には関係なく健康にも

良いんじゃないかって
思われがちなんだけど・・・

「そうじゃないんだぞ」

っていうことを言いたいわけ。
実際問題、フルクトースの摂取量が

増えるにつれて肥満になる人が
増えるっていうデータもあります。

これ、なんでだと思います?

答えは先日お伝えした
グルコースとフルクトースの特徴にあります。

グルコースはほとんどの細胞で代謝できるけど
フルクトースを代謝できるところって
肝臓しかないんです。

これ。

これなんだよほんとに。

もう答え言っちゃった感じ。

フルクトースをめっちゃ摂れば
肝臓にとにかく負担がかかります。

グルコースの場合はグリコーゲンに変換したり
脂肪細胞に中性脂肪として蓄えたりと
貯蔵パターンがあるんだけど・・・

フルクトースはぜーんぶ
肝臓の脂肪になります。

こうなるとどうなるか?
最終的には【脂肪肝】を引き起こします。

肝臓ってグリコーゲンを貯蔵できる量は
限界があります。限界を迎えたら
脂肪細胞にグルコースを脂肪に変換します。

要するに、グルコースをたくさん摂取したら
肝臓はパンパンになっているわけです。

そこでさらにフルクトースが入ってきたら
ぱんぱんになっている肝臓をさらに無理矢理
脂肪・糖分を蓄えさせようとするんだよね。

それを行うのが「インスリン」です。

インスリンをめっちゃ出しまくって
何とかしようと思うんだけど・・・

これが続くとそれに肝臓が抵抗します。
これが肝臓がインスリン抵抗性を
もった状態なわけ。

インスリン抵抗性を生じたらもうね、
大量のインスリンが分泌されないと
肝臓に糖分を貯蔵することはできなくなります。

・・・・・・

負のスパイラルスタート。

インスリン抵抗性をもってしまった肝臓は
糖分を放出して循環させようとするので
血糖値が上がらないようにするためには
インスリンに頑張ってもらうしかないです。

でも、インスリン抵抗性なので
大量に分泌しないといけないので
ずっとインスリン値が高い状態です。

この状態をチャート式にすると・・・

肝臓がインスリン抵抗性を生じる
 ↓
インスリンはずっと高いまま
 ↓
無理矢理肝臓に糖分を詰めこもうとする
 ↓
さらにインスリン抵抗性を高める

このパターン。

【インスリンの過剰分泌】
【インスリン抵抗性】の2つが
肥満のキーワードだって言ったけど
まさにこれに該当するわけ。
だから果糖は太るんだよね。

ちなみに・・・

スクロース(ショ糖)は
グルコースとフルクトースが
1:1だってお伝えしましたよね?

スクロースは料理で使う
調味料としての砂糖です。

インスリンの分泌を直接促すのが
グルコース。そして・・・
長期的に見れば過剰摂取したら
脂肪肝の原因となり、それが肝臓の
インスリン抵抗性を生じさせる原因となるのが
フルクトースなわけです。

砂糖が肥満の原因なのは
もうこれだけ説明すれば分かりますよね。

でもね、これがすぐにあらわれず
徐々に出てくるから分かりづらいんだな。
でも、確実に身体は変わっていくから
果糖の過剰摂取っていうのは
絶対に気を付けた方がいいよ。

ここまで言っても

「果糖ってそんなに摂らない」

っていう人がいるかもしれない。

いやいやいや・・・

現代人はめっちゃくちゃ摂ってるからね。
買ったものの裏の成分表を
よーく見てほしいもん。

【果糖ブドウ糖液糖】

こんな表示が書かれているものを
食べていないかな。

これはねスクロースに変わる甘味料として
開発されたものでね。
スクロースよりもコストがかからず
大量生産できるものとして
加工食品でよく使われています。

スクロースよりフルクトースの割合が
大きいんだよね。液体なので
色んな食品に混ぜ込みやすいという利点も
あって多くの食品メーカーが使っています。

こういうのを食べるとマジで太るよ。

太る原因は糖質摂取過多とか
血糖値が高すぎるとか
栄養素が少ないとかじゃなくてね。

【インスリン過剰分泌】であり
【インスリン抵抗性】なんだってことを
覚えておいてほしいのです。

では今回の投稿は以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

このブログが面白いと思ったら
読者登録をお願いいたします。

【☆読者登録はこちらから☆】

【ダイエットカウンセリングお申し込みフォーム】
○ダイエットカウンセリングお申し込みページ

-Instagram-
土崎 翔のインスタグラム

-LINE@はこちら-
友だち追加
※登録して頂いたら「アメブロからきました!」とメッセージ頂けると嬉しいです^^

僕に対しての質問、問い合わせしたいことがありましたら
こちらからお願い致します。
●土崎 翔への問い合わせ

【☆メルマガ登録はこちらから☆】

【☆性欲を満たすと痩せる?裏メルマガ☆】

※裏メルマガとは??
●裏メルマガのご案内


健康ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Source: ダイエット革命~幸せになるために~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です