常識を疑え!!!

投稿者:

こんばんは!

今日、僕のツイッターを
フォローしてくれた方

ありがとうございます!!

フォロワー数が9人・・・

いや、ほんと初心忘れるべからず!!!

今となっては僕のブログは
4000人以上の方が
読者登録をして頂いているんだけど
コツコツとやってきたからこそ。

ホントにすぐに反応してくれる方には
感謝しています~ありがとうございます。

——————————————–

でね

僕のツイッターでフォローをしている人を
見てくれたら分かるんだけどね

ケイタ社長や伊藤さん
覆面OさんとかPちゃんとか
ゼロイノベーション社関連の
フォローが多いです(笑)

何しろ僕はこの会社の企画が
面白いし勉強にもなるしね。

特にケイタ社長の考えというか発想というか
「常識を疑え」のような考えが大好きです。

春GIの企画も今から楽しみ。
こうやってワクワクするようなことを
考えることが出来るって天才だと思います。

さて、僕も今現在のダイエットの
いわゆる常識的なことに関しては
すぐに信じることはしていません。
一度自分の中で考えて判断する

癖をつけています。

なぜか?

その理由は単純明快。

「企業・メディア・

マスコミ等のマーケティングに
のっからないようにするため
です。

これってめっちゃ重要なんだよ。

これを全て鵜呑みにしたら
真実が見えないしお金を出すだけになります。

僕がもっとメジャーな人物だったら
こんな発言していたら
淘汰されるかもしれないけどね。

でもほんとにそう。

流行りのダイエットしかり商品しかり
一度は疑ったほうがいいというか

なぜ流行るのか?
なぜ売れるのか?

とかいうことを考えるべきだと思うんだよ。

何個か例を出そうか?

——————————————

例えば糖質制限について。

確かに糖質制限ダイエットをすることによって
一時的に痩せることはできるでしょ。

でもね、これの一番の問題点って
「糖質=悪」みたいなような風潮を
社会に流布したことなんだよね。

これをすると
糖質オフだったり糖質ゼロだったり
そういう商品って売れるでしょ?

要するに、糖質制限ダイエットを

流行らせることで
一番儲かるのは食品会社なんだよね。
だって、売れるからね。

「カロリー」っていうワードも
ダイエッターはどうしても
気にしてしまいがちだからね。
パワーワードだよね。

こういうパワーワードを推して
商品を売る、売る、売りまくる。
そう、圧倒的に売りまくるぅーー。
(ここカイジ風にね)

大手企業は資金力があるから
とにかく宣伝・広告には力を入れますからね。
こういうものに対する購買意欲をそそらせる
コピーライティングやマーケティングを作る。
得意中の得意分野なんだよね。

ダメとは言わない。

ダメだとは言わないよ。
これも企業努力だからね。

でも、こういう世の中だから
いつまで経ってもダイエットに苦しむ人は
減らないんだよね。

だって、太っている人増やしたいんだもん。
太っている人いなくなったら
商品売れなくなっちゃうんじゃんね。
困るのは企業でしょ。

医者とか製薬会社とかも同じじゃないのかな?
患者がいなくなったら困るでしょ?
病人少なくなったら困るでしょ?
薬売れなくなるし、患者さんいなくなるしね。

どうやって自分を守る?

もうね、自分で自分の身を守る
正しい情報と事実を知る。

さらに力を得て世の中動かしたいなら
圧倒的影響力をもち
自分でみんなが喜ぶ仕組みを作ればいい。

ケイタ社長は競馬に関してだけど
こういうことをやろうとしているから
めっちゃすげーんだよほんとに。
マジで革命児。圧倒的に尊敬できるんだよね。
仕事内容は違えど、そんなの関係ないよ。
ホントに行動力がすごいんだ。

例えばこんな実験があったんだってさ。

2010年にアメリカで行われたもので
8~10歳の女性を対象にした
肥満防止プログラムの実験です。

どんなことを行ったかというと
加糖飲料と高脂質、高カロリーの食べ物を
減らして、水・野菜・果物の量を増やし
グループカウンセリングを行ない
指導を行ったということです。

この結果、1日のカロリー摂取量は

1年目
1475kcal➡1373kcal

2年目
さらに減って1347kcal

ということになったそうなんです。

ただ、被験者の体重なんですが
2年後の体脂肪率は
28%から32.2%に増えていたそうです。

・・・・

えーと・・・

何が言いたいかっていうとですね

カロリーを気にしたとしても
体重減に直結しないっていうことなんだよね。

これと同じようにね
体重を落としたいのであれば
「食事量を減らし、もっと運動しよう」

とかいうような素人ダイエット指導者
いるかもしれないけどさ。

これも関係ないんだよね。

僕のメルマガを読んでいる人だったら
僕が何て言うのかは分かっているはず。

カロリーより気にしたほうがいいものが
ありますよー
って話をしたんです。

それは何かというと

【ホルモン】

なんですよね、これ。

ホントに多くの人に知ってほしい。
この事実を。

ただ、話が専門的なことになりすぎて
万人受けする気が全くしないんだよね。

これがすっごいもどかしい。
どうしたらもっと多くの人に
この情報を届けることができるのか。

コツコツと情報発信するだけでは足りない。
こういう時にこそ圧倒的影響力が欲しいと
心から思うよ、ほんとに。

こういうものが欠けているから
どうやってそういうのを獲得しているかを
もっと多くの方から学ぶ必要があるなって
心から思うよ。

ホルモンっていうのはね、例えばさ。

「お腹がすいた➡食べたい」
という命令を出すもの。
これ、ホルモンです。

「お腹がいっぱいだ➡食べたくない」
という命令を出すもの。
これ、ホルモンです。

中性脂肪の調整っていうのもね
ホルモンがコントロールしているんです。
これは何故かというと、人間の身体には
恒常性機能があるからなんです。
ホメオスタシスってもいうね。
この機能がダイエットにもすっごい大事。

摂取カロリーと消費カロリーも
どっちかが増えたら片方も増える
どっちかが減ったら片方も減るといったように
繋がっているんですよ。
独立していないんです。
これも恒常性機能ってのがあるからですよ。

なので、肥満になってしまう原因っていうのも
カロリーが1番の原因じゃないくてね
ホルモンだと思って結構です。

ふー
つい熱くなってしまった
とことん語れるなこの話題。

でもこういう話が好きな人は
少ないんだろうな。

ダイエットに関連するホルモンは
ホントにたくさんあるんだけどね

一番メジャーなものだと思われる

「インスリン」

についてブログで触れようかなって思ってます。
どこまで書くかは未定。
これはブログ読者様の反応をみたい。
アクセス数下がったりいいねも少ないなら
需要ないしブログじゃ書きたくない。
全部メルマガ限定にします。

とりあえずインスリンは
血糖値を下げるホルモンってイメージあると
思うんだけどね、それだけじゃないよ。

血糖値を下げた結果
その血糖はどこにいってしまったんだろう?
みたいな基本的なことも書いていきたいね。

はい、今日は熱くなりすぎました
すみません。。

では今回の投稿は以上になります。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

このブログが面白いと思ったら
読者登録をお願いいたします。

【☆読者登録はこちらから☆】

【ダイエットカウンセリングお申し込みフォーム】
○ダイエットカウンセリングお申し込みページ

-Instagram-
土崎 翔のインスタグラム

-LINE@はこちら-
友だち追加
※登録して頂いたら「アメブロからきました!」とメッセージ頂けると嬉しいです^^

僕に対しての質問、問い合わせしたいことがありましたら
こちらからお願い致します。
●土崎 翔への問い合わせ

【☆メルマガ登録はこちらから☆】

【☆性欲を満たすと痩せる?裏メルマガ☆】

※裏メルマガとは??
●裏メルマガのご案内


健康ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Source: ダイエット革命~幸せになるために~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です